ナースはつらいよ

給与明細の大切さ分かりますか?

今看護師として働いている方、また以前働いていてお休みをされている方、自分の給料明細の見方分かりますか?また、源泉徴収票や確定申告のことは知っていますか?

今回はそんなお金の話について、書いていきたいと思います。

給与明細

給与に関しては労働基準法に長々と示されていますが、その内容に何があるか分かりますか?
おそらく一般的な給与明細は以下のような内容で成り立っています。

・基本給(資格手当含む)
・夜勤手当
・超過勤務手当
・住宅手当
・通勤手当
・家族手当
・福利厚生(年金、医療保険等)
・税金(住民税、所得税等)

人によって差はありますが、大まかに上記のようになると思います。

看護師としてバリバリ働いている時は、おそらく細かく見る事はないでしょうか。お休み期間に入り給与明細をきちんと見る方が増えます。そんな時税金の請求がきて、びっくりされた方いるでしょう。

仕事をお休みする時どれぐらいの請求がくるか覚えてくるとその分を残すこともできますよね。ではその中身少し書いていきます。

自分が働いている事への給与

基本給、夜勤手当、超過勤務手当これらが自分の働いている時間に対して支払われるお金になります。基本給は定まっていて、昇給などで変動しますが概ね一定です。また夜勤手当や超過勤務手当は1時間○円など決まっていてそれに時間をかけて算出されます。

これは自分が働いていることに対する給与となります。

自分が働くことに対する補助

通勤手当、住宅手当、家族手当、福利厚生が主に補助となります。これに対する対価が給与にプラスされたり、天引きされたりします。家族手当は家族を扶養していて、家族が約100万円以下の家庭に支給されます。

福利厚生は病院によって異なる場合がありますが、代表的なものに国民年金、医療保険があります。両方とも原則として強制加入です。

年金はこれ以外のも病院によって企業年金、共済年金があります。これは国民年金に上乗せさせて支払されておりそのため、将来的な年金受給額が高くなると言われています。

医療保険はそこの病院の医療保険だったり、企業によっても異なるものです。病院受診をした際に基本3割負担で受診できるのは、医療保険に加入しているためです。
保険証を受診月で提示求められるのは、病院は毎月の保険料を月締めで保険会社に請求しているからです。そのため毎月の始めには提示を求められます。聞いたことあるかと思いますが、レセプトと言われるものです。

年金、保険は社会保険となりますが、これ以外に時々耳にすることがあると思いますが労働保険の中の労災保険、雇用保険があります。

労災保険は企業がすべての保険料を支払しており、労働者に何かあった場合に保険が支払われます。業務上のけが等で受診する必要がある場合は、ここからお金がおりる場合があります。

雇用保険は失業した時に受給することがある失業給付あれがかかれている法律です。これは、働いている方が耳にすることは少ないでしょう。申請や手続きをそれば失業給付をもらうことは可能です。
しかしその他の手当や控除が受けることができなくなる場合がありますし、何より本当に働けなくなった人が受ける制度のようなものですのでそれでしたらパートなどで少しでもお金を稼いだ方が効率は良いかと思います。

国や地方から取られているお金

いわゆる税金には所得税、住民税が主なものとしてあります。
住民税は住んでいる市町村によって異なりますが、住んでいることで支払いが義務になっています。

所得税は前年の所得によって翌年に税金が引かれます。結婚・出産などでお休みしてしまった方、翌年に多額の税金が引かれたという経験ある方いると思います。

税金には種類があります。国税、地方税等これらを徴収して国や地方で使用しています。道や建物を直すことに使用されていたり、また公務員の給料は税金から払われていると言われることありますがこれは公務員が国や地方に属して事務を行う人です。そのため、そこで働くため国や地方に収められた税金で食べていっているというように言われています。

給与明細の大切さ

給与明細は普段何気なくもらっていますが、上記のように様々なお金の仕組みから成り立っています。ここでは大まかな内容を書いていきましたが、何で給与が成り立っているのか控除されるものは何かと分かっていると仕事を退職せざる得ない時にいくら支払いしなければいけないのか分かってきます。女性が多い業界だからこそ、給与の成り立ちは覚えておきたいものですね。

これとは別に税金や確定申告についても詳しく書いていきたいと思います。

"もっといい職場"で働てみませんか?
  • もっといい給料・待遇で働きたい
  • 人間関係良好な病院・クリニックで働きたい
  • 24時間託児所や病児保育のある病院がいい
  • 看護師資格を活かした病院以外の仕事をしてみたい

上記に1つでも当てはまる方は、看護師求人サイトの非公開の募集情報をチェックしましょう!当ブログ「ナースはつらいよ」がおすすめする看護師求人サイトをご紹介します。

2019年版 看護師求人サイト BEST3
  • 1

    定番中の定番。大手だから安心して使える求人サイトです。病院はもちろん、治験や一般企業などの病院以外の求人紹介も得意!

    公式サイト

  • 3

    知名度では劣りますが、利用者満足度が高いのが特徴。親身にサポートしてもらえ、ブランクからの復職支援も得意です。

    公式サイト

  • 2

    ナース専科などで有名なエス・エム・エスが運営する看護師求人サイト。全国の病院・クリニックの情報を豊富に扱っています。

    公式サイト

  • Share
  • いいね
  • Tweet
治験ナース
sato
色々な情報発信ができれば幸いです。

総合病院や治験業界を経験してきました。看護師のみなさまが健やかに過ごせるように、また看護師を経て個々があるべき道に進めるように、情報を発信していけたらと思っています。

>> このライターの記事一覧へ

この記事に対するコメント

>> すべてのコメントを見る(0)

 

人気ライターBEST5