ナースはつらいよ

消えたナースキャップと白衣の変化

皆さん、こんにちは!

世の中には「看護師といえばナースキャップキャップ!」と連想するほど、ナースキャップをかぶることがいわゆる「白衣の天使」のイメージになっている方も少なくないと思います。

しかし、看護師の象徴として親しまれてきたナースキャップは、近年多くの病院で廃止されています。

それだけでなく、白衣の服装も変化してきています。

今回は、ナースキャップや白衣に関する最近の変化や、その理由について考察してみたいと思います。

ナースキャップが廃止されている理由

まず、ナースキャップが廃止されつつある理由を考察します。

いろいろ調べた結果として、以下の3点が考えられます。

  • 衛生面の問題
  • 医療安全面での問題
  • 男性看護師の増加と、男女平等の観点

順番に詳しく述べていきます。

1.衛生面の問題

ナースキャップは制服のように毎日洗濯するわけではないので、どうしても衛生面の問題が出てきます。

さらに、ナースキャップは形を維持するために部分的にノリで固められているのですが、そのノリに細菌が繁殖しやすい、という研究結果もあるようです。

院内感染の予防のために、廃止が進められたという事情がまずあるようです。

2.医療安全面での問題

ナースキャップは頭にのせてピンで留めているだけです。

そういう帽子をかぶりながら、決して広くない病室の中で、しかもベット周辺のスペースも限られる中で、患者さんの処置を行う場面を想像してみましょう。

体位変換や患者さんを抱えたりするときに外れるのは、まずかぶっている本人にとって大変やりにくいかと思います。

それに、外れたキャップが点滴や医療機器に誤って触れたり、ひっかかったりすることで、それらが誤作動を起こす危険性もあります。

ナースキャップをかぶることで処置の邪魔になるだけでなく、インシデントや医療事故を引き起こし、患者さんにも被害を及ぼしてしまう可能性があるのです。

最近はどの病院でも、医療安全に関して厳しくチェックされる時代になりました。

医療安全の専属のスタッフがインシデントや事故の対応にあたったり、定期的に注意喚起を促す様子を目にする読者の方々も多いかと思います。

そういう現代では、ナースキャップの肩身が狭くなり、姿を消していくのは必然なのかもしれませんね。

3.男性看護師の増加と、男女平等の観点

最近はどの病院でも男性の看護師が増加し、すっかり一般的な存在となりました。

もし、男性看護師がナースキャップをかぶったら・・・

明らかに不自然な外見になりますよね。

正直、抵抗を感じる方も少なくないと思います。

そういう見た目の問題に加え、男女平等という観点から、ナースキャップを廃止する病院もあるようです。

戴帽式はどうなる?

看護学校では、学生が病院実習に行く直前に「戴帽式」という儀式が行われます。

ナースの卵が初めてナースキャップをかぶりナイチンゲールに誓うという伝統行事です。

ただ、私が看護学生時代に実習に行っていた病院(その後正式に就職した病院でもありますが)では、在学中にナースキャップが廃止になったため、同時に戴帽式も廃止されてしまい、憧れの戴帽式の夢が実現できなかった・・・というちょっと寂しい思い出があります。

戴帽式は学生たちが看護師になる喜びを噛みしめ、ナイチンゲール精神で働く自覚を新たにする場ですから、ナースキャップが現場でなくなりつつある今日であっても、せめて儀式としての戴帽式は残して欲しいな、と願わずにはいられません。

変わりつつある看護師の服装

「ワンピース型の白衣にナースキャップ」という姿は、かつて看護師のシンボルでした。

しかし、これも今では過去のものとなりつつあります。

なぜなら、先ほど述べた経緯からナースキャップが廃止されてきていると同時に、働きやすさ・動きやすさ・デザイン性が重視されるようになったためか、白衣もワンピースタイプからパンツタイプに移り変わってきているからです。

現代では、ユニフォームの満足度を高めることは、看護師のモチベーションアップや仕事の効率アップにつながるので重要だと考えられていますので、このような変化も時代の流れなのかもしれません。

白衣はスカートタイプかパンツタイプか

看護師の中には、スカートタイプのユニフォームを着用したい人がいます。

それにスカートの白衣には「女性らしい」「温かい」という印象を与える効果がありますので、そういうイメージを好む人はスカートタイプを選ぶようです。

反対に、動きやすさ重視でパンツタイプを好む人もいます。

それに、なぜかパンツタイプの白衣の方が「できる女」という印象を与える効果があるようです。

私自身、パンツスタイルの先輩がきびきび働いていると「かっこいいな」と感じることがありました。

このように、どちらのユニフォームにも特徴があります。

単純にどちらが良いというものでもなく、甲乙つけがたいといった感じでしょうか。

まとめ

看護師のナースキャップ・白衣事情に関しては、その時々の考え方が色濃く反映され、変化してきていることがわかりました。

非常に興味深いテーマだと思いますので、これからも注目していきたいですね。

"もっといい職場"で働てみませんか?
  • もっといい給料・待遇で働きたい
  • 人間関係良好な病院・クリニックで働きたい
  • 24時間託児所や病児保育のある病院がいい
  • 看護師資格を活かした病院以外の仕事をしてみたい

上記に1つでも当てはまる方は、看護師求人サイトの非公開の募集情報をチェックしましょう!当ブログ「ナースはつらいよ」がおすすめする看護師求人サイトをご紹介します。

2018年版 看護師求人サイト BEST3
  • 1

    定番中の定番。大手だから安心して使える求人サイトです。病院はもちろん、治験や一般企業などの病院以外の求人紹介も得意!

    公式サイト

  • 3

    知名度では劣りますが、利用者満足度が高いのが特徴。親身にサポートしてもらえ、ブランクからの復職支援も得意です。

    公式サイト

  • 2

    ナース専科などで有名なエス・エム・エスが運営する看護師求人サイト。全国の病院・クリニックの情報を豊富に扱っています。

    公式サイト

  • Share
  • いいね
  • Google+
  • Tweet
二児のママ☆育休中
ぱんだ
育児に追われる毎日ですが、様々な情報を発信できればと思います。

産婦人科病棟/内科整形外科の急性期病棟勤務 現在は2児のママで育休中。

>> このライターの記事一覧へ

 

人気ライターBEST5