ナースはつらいよ

帝王切開後の体の痛みアレコレ体験記

前置胎盤体験記で2回にわたって出産体験を書かせて頂きました。
無事に帝王切開で出産したわけですが、今回は産後の事についてお話しします。

帝王切開は術後が痛いよ!と噂には聞いており、どんな痛みなんだろう?陣痛よりも痛いのかな…と不安でした。
インターネットで帝王切開した人のブログを読んでみたり、看護師さんを捕まえて鎮痛剤は何を使うのか聞いてみたりしました。

さて、実際のところはどうだったのでしょうか??

麻酔が徐々に切れていく恐怖!

産後すぐは麻酔が効いているので、全く痛みはありませんでした。
手術室から出る時に、麻酔科の先生に、「麻酔が徐々に切れてくるけど、使える鎮痛剤はたくさんあるから、遠慮しないで看護師さんに言って下さいね」と説明してもらいました。

病室に戻って、無事に出産を終えた安堵と、成し遂げた達成感で、幸福な気持ちに浸っていました。
しかし、徐々に忍び寄る怪しい影…、そう、麻酔が切れてきます。

数時間後には、ヤバイヤバイ!痛い痛い!とナースコールを押していました。

鎮痛剤くださいの頻コール

点滴で鎮痛剤は持続投与していましたが、そんなの全然効いていないんじゃないかと思える強い痛み!

持続で投与している鎮痛剤をフラッシュしてもらい、少し波が引いたかな…?と思いきや、また数時間後には、唸り声が漏れてしまうほどの痛みに襲われます。

産後は個室に移動して本当に良かった!と思いました。
看護師なのに、こんなにナースコール押してすみません…と思いつつ、我慢できない痛みでした。

傷の痛みももちろん痛いのですが、それよりも後陣痛(子宮が収縮する痛み)も辛かったです。痛みの種類で言うと生理痛の数倍の痛みという感じで、陣痛にも似ていました!

次の日の全身の痛み

無事に夜が明けて明るくなってきた時の安堵感。
一晩乗り越えれば、少しは痛みが引くだろうと期待しました。

しかし、傷の痛み以外に、何故か全身の関節?筋肉?の痛みが襲ってきました。
おそらく、麻酔で動かなかったり、痛みに耐えたりして、全身の力を変なふうに使っていたからだと思います。

これが予想以上に痛く、点滴が効かない痛みだったので、座薬を追加で使ってもらいました。

離床の痛み

帝王切開の術後1日目で、尿カテは抜去され、トイレまで歩行しました。
歩行するときは、お腹の傷に手を当てて、響かないようにそうっと歩けば、なんとか大丈夫でした。(私の場合は、骨盤ベルトで傷のところを抑えるようにすると、少し楽でした。)

一番痛いのは、ベッドから起き上がる動作でした!
ベッドのリクライニングを上げて、そっと片足ずつ下ろして、手の力を使って…看護師さんを呼んで助けてもらおうか・・でも忙しそうだし、これくらい自分でやらなくちゃ・・と、葛藤しつつ奮闘しつつ、起き上がるまでにかなり時間がかかりました。

日にちが経って傷の痛みが軽減してきても、この起き上がり動作の時の痛みは全然良くならず、自宅に帰ったらリクライニングベッドなんてないし、どうやって起き上がったら良いんだろう…と悩んだりしました。(実際に帰宅したら、何故かすんなり起きられるようになりました。)

私は1人目は自然分娩で出産して陣痛を味わいましたが、今回の帝王切開は、緊急帝王切開だったので、陣痛がなかったのは救いです。
しかしながら、術後の痛みは想像よりもずっと痛かったです。
手術したその日がピークで、あとはどんどん良くなっていったし、鎮痛剤は内服して動けるので、その点は安心かなと思いました。
何回も帝王切開して出産している方々は本当にすごいなと尊敬します。

"もっといい職場"で働てみませんか?
  • もっといい給料・待遇で働きたい
  • 人間関係良好な病院・クリニックで働きたい
  • 24時間託児所や病児保育のある病院がいい
  • 看護師資格を活かした病院以外の仕事をしてみたい

上記に1つでも当てはまる方は、看護師求人サイトの非公開の募集情報をチェックしましょう!当ブログ「ナースはつらいよ」がおすすめする看護師求人サイトをご紹介します。

2019年版 看護師求人サイト BEST3
  • 1

    定番中の定番。大手だから安心して使える求人サイトです。病院はもちろん、治験や一般企業などの病院以外の求人紹介も得意!

    公式サイト

  • 3

    知名度では劣りますが、利用者満足度が高いのが特徴。親身にサポートしてもらえ、ブランクからの復職支援も得意です。

    公式サイト

  • 2

    ナース専科などで有名なエス・エム・エスが運営する看護師求人サイト。全国の病院・クリニックの情報を豊富に扱っています。

    公式サイト

  • Share
  • いいね
  • Tweet

呼吸器内科に10年勤務 →休職 →訪問看護に再就職 →妊娠に伴い退職しました。 現在二人の子育てで休職中です。認定看護師の資格を持っています。

>> このライターの記事一覧へ

この記事に対するコメント

>> すべてのコメントを見る(0)

 

人気ライターBEST5