ナースはつらいよ

虐待から子供を救え!file.1 小児科ナース奮闘記

ニュースとかでよく話題になっている「児童(小児)虐待」ですが、実際にその場面に直面したことってありますか?

私が小児科に勤務していた頃、“虐待疑いで母子引き離し”の場面に遭遇したことがあります。

そのエピソードは今でも鮮明に覚えていて、私の印象に残った看護師生活の中でもトップクラスに入るほど衝撃的な体験でした。

児童(小児)虐待とは?

一言に虐待と言っても大きくわけて、4種類(身体的虐待、ネグレクト、性的虐待、心理的虐待)あります。

中でも一般的なイメージとしては“虐待=身体的虐待=児童(子ども)に対しての暴行、暴力、暴言”と連想させる方が多いと思います。

しかし、実際の虐待行為はこの上記4種類のうちのひとつにおさまることはあまりなく、複数が同時に行われている場合が多いです。

そして近年、児童へ対しての虐待行為が増加傾向であったことで、大きな社会問題となっています。(厚生労働省の発表によると平成2年以降平成19年まで年々増加しています。)

日本における児童虐待の内訳

国内における虐待事例について、その統計や動向についてもまとめてみました。

厚生労働省の調査報告例によると、虐待の種類は、身体的虐待、ネグレクト(保護の放棄、または拒否)がほぼ同率で多く8割を占め、性的虐待は1割以下の割合で発生しています。

また、被害を受ける年齢は、小学生が4割と最も多く、ついで3歳児以降~未就学となっております。高校生を超えた頃の年代からは被害を受けている割合は極端に減ります。

被害を受けているのは小学生に多いですが、死亡事故は未就学児に多い傾向にあります。

虐待を行うのは、“実母”が6割を占め、ついで“実父”です。“実父以外の父親”の虐待のケースは1割未満ですが年々、同程度一定数の案件は報告されています。

虐待を見抜け!

以外、観察項目を上げます。虐待を受けている児はびっくりするくらい特徴に当てはまる場合が多いので、以下項目に該当することがあれば注意深く観察してください。

身体的虐待

露出部位以外の身体的な傷(腹部、背部、耳の裏、陰部)、古い傷・新しい傷の混在、特徴的な傷跡(細く長いもので打撲した痕、タバコの後)

ネグレクト

極端に痩せている、極度の偏食(菓子パンしか食べない)、または親以外の大人に食べ物を求める、洗濯していない衣類や明らかにサイズの違う衣類、口数が極端に少ない。

予防接種・検診の記録がない、虫歯が多い、子供が爪を噛んで長さを調節している(噛み癖とは別)

心理的虐待

極端に大人を怖がるor極端に甘えたがる

性的虐待

触られることを拒む、異性の大人に極端に怯える、性別の違う服装を就学以降も着用している。

虐待をしている保護者の特徴

診察を拒否する、極端に子どもと仲良いふりをする、子どもと視線が合っていない、大きい傷の割にケガをした経緯などが曖昧、家族不仲・両親不仲、両親どちらかに虐待を受けたエピソードがある(場合がある)、実母(父)ではない。

報告義務

虐待の発見(疑い)は、報告する義務があります。

報告先は、児童相談所、警察になります。(児童相談所には全国共通番号があります。)

この場合、確定していない状況でも(疑いの状況でも)報告しなければなりません。

また、この時提示する個人情報は守秘義務に違反するものとは捉えられませんので、正しく確実に報告する必要があります。

まとめ

小児科に務めている看護師は、基本的には子どもが好きな方が多く、このような場面を見たくない・・・という方が多いはずです。

しかし、虐待被害児の未来を救うためにも向き合わなければならないこともあります。

私の経験から、上記のような記事をまとめました。

もしかしたら・・・

と思った時の知識として参考にしてください。

虐待についての説明、解説をしているうちに文章が長くなってしまったので、私の実際の経験はfile.2の記事で書かせていただきます。

"もっといい職場"で働てみませんか?
  • もっといい給料・待遇で働きたい
  • 人間関係良好な病院・クリニックで働きたい
  • 24時間託児所や病児保育のある病院がいい
  • 看護師資格を活かした病院以外の仕事をしてみたい

上記に1つでも当てはまる方は、看護師求人サイトの非公開の募集情報をチェックしましょう!当ブログ「ナースはつらいよ」がおすすめする看護師求人サイトをご紹介します。

2019年版 看護師求人サイト BEST3
  • 1

    定番中の定番。大手だから安心して使える求人サイトです。病院はもちろん、治験や一般企業などの病院以外の求人紹介も得意!

    公式サイト

  • 3

    知名度では劣りますが、利用者満足度が高いのが特徴。親身にサポートしてもらえ、ブランクからの復職支援も得意です。

    公式サイト

  • 2

    ナース専科などで有名なエス・エム・エスが運営する看護師求人サイト。全国の病院・クリニックの情報を豊富に扱っています。

    公式サイト

  • Share
  • いいね
  • Tweet

この記事に対するコメント

>> すべてのコメントを見る(0)

 

人気ライターBEST5