ナースはつらいよ

体験から解説~保育園での看護師~

みなさんは保育園で働く看護師を知っていますか?また、どんな印象を持っていますか?

私は、小児科勤務をやめて“子供に関わる仕事”をと探していたところ転職サポートさんから声をかけられました。

今回は、その保育園で働く看護師についてお話していこうと思います。

業務内容の実際

小児科での勤務後、まだ子どもと関わっていたいという気持ちが強く、私は“保育園ナース”として私立保育園で勤務しました。
数園務めましたが、保育園での看護師の役割は園によって方針が違います。

“保健室が整備され、保健室の先生として看護・保健・衛生業務のみに従事するタイプ”

“とにかく、保育士の数も少ないので保育補助に徹底するタイプ”

私の知ってる限りでは、このふたつのタイプに別れます。

とは言え、看護師資格を持っているわけですから、基盤の業務はどこも同じです。

出勤したら、登園時間に合わせて全園ラウンド、健康観察を行い朝礼に参加します。その後、体調不良児が訪室してくると毎回対応します。昼食前のアレルギーチェック、内服の管理、夏場のプールの衛生管理、保健日誌など、日課業務は多いです。

それに合わせて、月初に月報を書いたり、身体測定をしたり、検診などの補助についたりします。円によっては職員のメンタルケアを行ったり悩み相談を板挟みで聞くこともあるので、病棟勤務時代とはまた違う種類のストレスを抱えてしまうこともあります。

緊急時対応

そして緊急時です。基本的に園長が最終判断を下すことになりますが、園長ともなると出張や、会議で不在なことも多く、看護師である私たちに意見を求めてくることもあります。やはり、基本的に同業者1人職場ですのである程度の決断力や、判断力も必要になってきます。

業務内容は10園10色

学校のように法律で決められている部分は少なく、保育園の看護師はまだまだ基盤が出来上がっていません。

施設によって看護師の立ち位置や、業務内容が大きく変わることもあります。

保育園のタイプ別ナース

スケジュールが詰まっているようでも、ケガや体調不良者が少ない日には、ちょこちょこ空いた時間が出来るわけですが・・・その時間帯に何をするのでしょうか・・・下に記していきます。

まず、はじめに“保健室が整備され、保健室の先生として看護・保健・衛生業務のみに従事するタイプ”ですが、これは園庭の危険物除去や、健康教育の準備・実施、玩具の消毒、職員指導、物品補充、ケガの統計、文献研究、予防接種推奨ポスター、通院同行などが上がります。

次に“とにかく、保育士の数も少ないので保育補助に徹底するタイプ”ですが、これは主に0歳児クラスがある園で多いようです。0歳児の哺乳、おむつ交換、沐浴、離乳食などを行います。0歳児はちょっとした環境の変化ですぐに体調が崩れてきますので看護師を常在させる場合も多いようです。

私はどちらのタイプも経験していますが、NICUの経験もあることから“とにかく、保育士の数も少ないので保育補助に徹底するタイプ”で働いて欲しいと雇用時に言われることが多いです。

もちろん、保育園では保育士、看護師に力の差はありませんから保育士に指導されることもあります。年配のベテランナースはそれでプライドが崩される・・・というお話も聞きます。

個人的にやりたいのは、やはり“保健室が整備され、保健室の先生として看護・保健・衛生業務のみに従事するタイプ”の働き方ですね。

看護師の資格を保育園で使えるだけ最大限に使いたいと思うと、こちらの働き方に憧れます。ある程度、保育士や園長、事務と仕事内容が違う方が様々な意見が出るし、他職種同士持つ能力を引き出せるような気がします。

最先端の医療からは離れ、教育者へ

保育園の保健担当は、看護師資格がなくても(養護教諭の資格さえ持っていれば)出来るわけですから、最先端の医療に触れる機会はパッタリとなくなります。

その分、自分の自由な時間を持てるわけですから自分の好きな分野を個人で学会に参加したり、個人で研究したりすることも可能です。

私は保育園に入職してから、ずっと取りたかった“アレルギー関連の資格”を取得できました。

まとめ

少し話が逸れましたが、簡単そうに見えて意外と大変な保育園での看護師業務です。もし入職を考えているのならば、面接の時に園の保健方針も必ず聞きましょう。
そうすれば、入職してからのギャップに悩まされることも少なくなるのではないでしょうか。

"もっといい職場"で働てみませんか?
  • もっといい給料・待遇で働きたい
  • 人間関係良好な病院・クリニックで働きたい
  • 24時間託児所や病児保育のある病院がいい
  • 看護師資格を活かした病院以外の仕事をしてみたい

上記に1つでも当てはまる方は、看護師求人サイトの非公開の募集情報をチェックしましょう!当ブログ「ナースはつらいよ」がおすすめする看護師求人サイトをご紹介します。

2019年版 看護師求人サイト BEST3
  • 1

    定番中の定番。大手だから安心して使える求人サイトです。病院はもちろん、治験や一般企業などの病院以外の求人紹介も得意!

    公式サイト

  • 3

    知名度では劣りますが、利用者満足度が高いのが特徴。親身にサポートしてもらえ、ブランクからの復職支援も得意です。

    公式サイト

  • 2

    ナース専科などで有名なエス・エム・エスが運営する看護師求人サイト。全国の病院・クリニックの情報を豊富に扱っています。

    公式サイト

  • Share
  • いいね
  • Tweet

この記事に対するコメント

>> すべてのコメントを見る(0)

 

人気ライターBEST5