ナースはつらいよ

デイサービスのお仕事~あるパートナースの一日

こんにちは、みしまです。結婚を機に総合病院を退職後、デイサービスの看護師としてパートで働いていた時期がありました。今回は、その頃のことを思い出して「デイサービスで勤務する看護師の一日」について書いてみようと思います。

とはいえ、一口にデイサービスといっても施設によって業務内容は様々だったりすると思うので「へー、こんな感じなのね」と参考程度に読んでいただければいいかなぁと思います。

因みに私が働いていたのは、一日の利用者数50人程度(状況によりもっと少ない日もそれ以上の日もあります)に対し看護師は1~2人でした。私のほかにもう1人、同じようにパートの看護師が在籍していて、交替で出勤していました。

ルーティンで行うこと

バイタル測定

時間差でいらっしゃる利用者さんにお茶を出し、移動によるバイタルサインの変動が落ち着いたところを見計らって体温と脈拍、血圧を測ります。体温計や血圧計など物品も限られている中で大人数のバイタル測定をこなさなくてはいけないという点で、看護師としては利用者様が来はじめる朝の時間帯が一番バタバタしている時間帯です。

このデータを参考に、入浴できるか・機能訓練ができるかなどを判断するので、介護スタッフからのプレッシャーが凄いです(汗)。大人数の利用者様の入浴を、午前中に済ませなくちゃいけませんでしたからね…。

外用薬の塗布、その他入浴時の対応

入浴前後に看護師が対応すべきことがあると、浴場へ呼び出されます。主に持参の外用薬を塗るというのが主ですが、スタッフが見慣れない傷や発赤などを見つけた時に呼ばれることもあり、その人の既往・服薬状況などと合わせて様子を見ていいか受診を勧めるかを判断し、その旨をスタッフに伝えます。もちろん、必要に応じて応急処置もします。

記録

バイタルサインのデータをはじめとして、その他利用中に体調の変化があった場合や入浴中に発赤などが見つかった場合などはそのことも、各個人の連絡帳に記入しておきます。傷などの処置に使うものは、応急処置を除いては利用者様に持参してもらうので、必要なモノがある場合は持参をお願いする旨を忘れずに書いておきます。

病院で働いていた時はあまり意識しませんでしたが、この施設では処置に使う部品は可能な限り持参してもらうように、と頻繁に言われていました。ここでは物品は持ち出しになるようだったので、応急処置以外ではなるべく使ってほしくなかったということなんでしょうね…。

機能訓練

私が働いていた施設では機能訓練担当のスタッフがいたので、そのスタッフと一緒に評価をしたりしていました。私はそれまで小児と新生児の職場ばかりだったため、勉強しつつやっていたのでこの辺りは大変でした…。

与薬・注入

昼食の見守りをしつつ、食べ終わった方に内服薬を渡して飲んだことを確認します。その他、胃瘻の方がいる場合はお昼分を注入します。この辺りも結構ピリピリする時間帯でした(個人的には)。

その他

体調不良者への対応

体調不良の方に対して、少し休んでもらえばいいのか、それとも即救急車を要請すべき状態なのかなどを判断して対応します。

幸い私の勤務中に救急車を要請する事態はありませんでしたが、利用者の方は自分から体調不良を訴える方ばかりではないので(というか訴えない人の方が多い)、ちょっとした変化や他のスタッフからの情報提供を逃さないように気を付けていました。

私が働いていたデイサービスでの、看護師の主な仕事はこういった感じです。その他にも日常生活の援助や食事介助など、介護スタッフの仕事も一緒にやることになります。

病院と比べるとそこまで殺伐とはしていませんが、何分看護師が自分ひとりということが殆どなので、「不安な時に同業者に相談ができない」という不安は常に付きまとっていました。

経験などでその点にうまく折り合いをつけられれば、穏やかに働ける職場なのかもしれません。

"もっといい職場"で働てみませんか?
  • もっといい給料・待遇で働きたい
  • 人間関係良好な病院・クリニックで働きたい
  • 24時間託児所や病児保育のある病院がいい
  • 看護師資格を活かした病院以外の仕事をしてみたい

上記に1つでも当てはまる方は、看護師求人サイトの非公開の募集情報をチェックしましょう!当ブログ「ナースはつらいよ」がおすすめする看護師求人サイトをご紹介します。

2019年版 看護師求人サイト BEST3
  • 1

    定番中の定番。大手だから安心して使える求人サイトです。病院はもちろん、治験や一般企業などの病院以外の求人紹介も得意!

    公式サイト

  • 3

    知名度では劣りますが、利用者満足度が高いのが特徴。親身にサポートしてもらえ、ブランクからの復職支援も得意です。

    公式サイト

  • 2

    ナース専科などで有名なエス・エム・エスが運営する看護師求人サイト。全国の病院・クリニックの情報を豊富に扱っています。

    公式サイト

  • Share
  • いいね
  • Tweet
小児科・NICUナース→主婦
みしま
引っ込み思案だけど、ナース頑張ってました!

看護学校卒業後、総合病院へ入職。小児科、NICUに勤務していましたが結婚を機に退職。結婚後には一般の接客業やデイサービスでのパートもしていました。仕事や人間関係で悩んだ経験が、誰かの役に立てばいいなと思っています(^^)

>> このライターの記事一覧へ

この記事に対するコメント

>> すべてのコメントを見る(0)

 

人気ライターBEST5