ナースはつらいよ

透析理解の難しさ

今回は、透析について書いてみたいと思います。

最近では、透析患者さんの死亡率も昔に比べ、随分低くなってきています。

「透析しても長く生きられない」

という時代では、なくなってきています。

しかし、透析治療を受けている患者さんの大変さは、かなりのものかと思います。

慢性腎不全の理解は難しい

透析患者さんの中には、特に高齢者の方など、自分の置かれている病気が、完全に理解できていない人も多くいらっしゃいます。

今までの日常生活、特に食生活が、普通の常識と違うことが、なかなか、受け入れられないのが現実です。

理解できていない患者さんの考えは

  • 腎臓の病気はたくさん水を飲むとよい
  • 病気になると果物を食べるとよい。特に腎臓にはスイカが良い
  • 健康のため青汁を飲んでいる

腎臓の機能が失われていない時には、いいのかもしれません。

透析患者さんの1日の水分接種量は、患者さんの状態によっても様々ですが、ドライウェイトの3%と言われています。

食事からも水分があるので、1日の飲み水は、コップ1~2杯の人もいました。

おしっこが出なくなるのだから、たくさん水分を取ってというのは、肺水腫の原因にもなります。

病気になると、バナナやメロンをお見舞いに持って行く世代にとっては、果物を制限しなくてはいけないこの病気の理解も、なかなか受け入れられないことの一つです。

果物は、病気に良い

という考えなのでしょうね。

しかし、透析患者さんには、食べてはいけない物とまで、言われています。

果物には、カリウムが多く含まれているからという理由から、高カリウム血症を引き起こし、死へのリスクが高まるということです。

腎臓にスイカが良いというのも、健康な腎臓であれば尿の出が良くなることなどは、あると思います。

スイカは、水分、カリウムを多く含む食べ物です。

腎不全の方には、NG食品には、間違いないです。

病室で、腎臓にいいからと、透析患者さんたちが、もらったスイカを切ってみんなで食べていたことがありました。

やはり、もともと持っていた情報は、なかなか変わらないのが、現実です。

透析導入する人たちは、腎臓の機能が10%以下になって行われます。

自分の腎臓の代わりに、毒素や水分を2日1回取り除く治療です。

無尿の人もいる中で、透析が行われるまでは、毒素も水分も体にためていることになります。

正常な人は、1日何回も尿として排出できるのです。

それを1~2日間溜め続けるのですから、摂取量の制限が不可欠になります。

この辺の理解が、なかなかできないことが、こういった間違った病識になっているのでしょう。

高齢者には、特に難しいようです。

一人暮らしの高齢者の女性は、透析が済むと体がしんどいからと、帰りにクリニックによって、点滴をしてもらっていた患者さんがいました。

そのクリニックもどうかと思ういますが、患者さんは、

「透析しても、点滴したら楽になるんよ。」

とにこやかに話されていました。

可愛いのだけど、せっかく頑張った4時間が、無駄になってると、思いながら、患者さんのは説明しました。

自己管理が難しい

本当に、透析って、医療従事者でも何でもない人には、難しいことです。

理解していても、自己管理ができるのかというと、これもまた難しいことです。

医師は、ドライウェイト、心胸比(CTR)の話を 患者さんと話します。

透析も長い患者さんになると、本当に詳しくて、医師の説明もよく理解している人もたくさんいらっしゃいます。

しかし、自己管理が完璧な人は、少ないのが現状です。

欲求に勝てないのも現実問題!

体重増加が多いと、しんどい透析になります。

透析中に、血圧低下が著しく、意識を失ってしまう人もいます。

毎回、同じ時間に意識を失う人もいました。

体重増加が多く、しんどい透析になる人は、予定除水をクリアできないことが続くことがあり、どんどん借金が溜まっていく状態になっていく人もいました。

慢性腎不全と透析

慢性腎不全で透析をされている方のほとんどは、2型の糖尿病からの糖尿病性が多いかと思われます。

その他には、1型の糖尿病、慢性糸球体腎炎などが、原因の人もいらっしゃるかと思います。

生活習慣病の方が増えている中、透析患者数も増えているのが現状です。

2型の糖尿病さんは、食事管理の難しい方が、透析までの道のりを歩んできたのだと思います。

もちろん、透析導入ともなると、もっと食事管理がしんどく、そこに、水分管理が加わるのですから、毎日の食生活は、負担になります。

しかし、健康な人も、なかなか、ダイエットとなると、難しいですよね。

おいしいものが好きで、食べることが好きな人が、肥満になったり、食事管理の必要な病気にもなっています。

看護師であっても、完璧な食生活を送っているわけではないし、自分がその病気になったときに、

一生、その病気のための食事管理が、完璧にできることはないと思います。

できる人もいらっしゃるかもしれませんが、私は、自信ないです。

食事指導、本当に難しかったですね。

なかなか元気な時は、考えませんが、子供の時、大人になっても、日ごろから食生活に気を配ることは大事なことだと思います。

私自身、若いときは、外に出ると、暴飲暴食をし、自宅で何もないときは、食べずにいたりとかなり食生活は悪かったと思います。

今は、子供たちに気を配っていますが、この子たちは、大人になったらどうでしょうか?

"もっといい職場"で働てみませんか?
  • もっといい給料・待遇で働きたい
  • 人間関係良好な病院・クリニックで働きたい
  • 24時間託児所や病児保育のある病院がいい
  • 看護師資格を活かした病院以外の仕事をしてみたい

上記に1つでも当てはまる方は、看護師求人サイトの非公開の募集情報をチェックしましょう!当ブログ「ナースはつらいよ」がおすすめする看護師求人サイトをご紹介します。

2018年版 看護師求人サイト BEST3
  • 1

    定番中の定番。大手だから安心して使える求人サイトです。病院はもちろん、治験や一般企業などの病院以外の求人紹介も得意!

    公式サイト

  • 3

    知名度では劣りますが、利用者満足度が高いのが特徴。親身にサポートしてもらえ、ブランクからの復職支援も得意です。

    公式サイト

  • 2

    ナース専科などで有名なエス・エム・エスが運営する看護師求人サイト。全国の病院・クリニックの情報を豊富に扱っています。

    公式サイト

  • Share
  • いいね
  • Google+
  • Tweet
ちょっと一息!お休みナース☆
こころく
一人暮らしが懐かしい~~

転職を重ねながらも、この仕事に長く関わってきました。最近、月数回、小児科の夜間救急のパートで仕事をしています。

>> このライターの記事一覧へ

 

人気ライターBEST5