ナースはつらいよ

なめてはいけないNST!看護師の役割と流れを知って発言権を得よう!後編

前編では主に対象患者さんの選定からNSTとは?についてお伝えしました。後編では実際に看護師がどのような事が実施出来るか、情報を元に何を発言したら良いのかについてお伝えしていきたいと思います。

患者さんの嗜好を把握

経口摂取が可能な患者さんであれば、どのようなものなら食べられるか、食べやすいか確認する必要があります。

口や喉の痛みがあるなら、米飯から全粥〜3分粥などの粥食や軟食、ゼリー食への変更をする。栄養補助食品が口に合うか合わないか確認してみる。

可能な限り、患者さんが摂取し易い食事形態に変更出来るよう、患者さんと一緒に嗜好や食べ易い食品を探求してみます。

おそらく、これも食べられなかったか…あれもダメだったか…と途方に暮れる日々を過ごすかもしれませんが、時に少しでも食べられそうなヒット食物が生まれることもあります。

栄養補助食品を勧める

食事形態を変えてもどうしても食べられない、食べにくい場合にまず付けられるのが栄養補助食品ではないかと思います。

様々なメーカーから色々な味・形態の栄養補助食品が出されていますよね。それら、栄養補助食品のいずれかに患者さんの嗜好に合うものが無いか探します。

栄養補助食品は美味しくない、というイメージがあると思います。

患者さんに薦めているけど、実際の味や食感は知らない、では薦め辛いと思うので、可能なら一度全ての栄養補助食品を試食・試飲してみるのが良いかと思います。

余談ですが、私もNST担当だった時に、NST勉強会と称して栄養補助食品試食会を病棟で行いました。

本来の食品の味以外にも、ゼリー状の食品の場合凍らせてシャーベットにしてみたりと、患者さんに実際に薦めている全ての形状をスタッフ皆んなで食べる事によって、それぞれスタッフの感想を聞きました。

そして、カロリーから容量、味の特徴、スタッフのオススメ度など院内で取り扱っている栄養補助食品全てを一つにまとめた資料を作り、患者さんとの相談で使用できるようにしてみました。

補液の相談と実施

経口摂取が難しい患者さんや、経口摂取だけではカロリーが追いつかない患者さんには持続的、あるいは数時間の補液がされていると思います。

医師も血液データを見ながら、患者さんに必要な電解質やカロリーを含んだ点滴を選んでいると思います。点滴内容までを医師に相談する事は出来ませんが、患者さんの生活状況に合った点滴時間を相談する事は出来ると思います。

例えば、24時間の持続点滴を輸液ポンプで行なっているけれど、処置やシャワーなどで一時的に輸液をストップする時間がある場合。

点滴更新時にきっちりと終わるように速度調整が看護師で行える薬剤なら良いのですが、カリウムなどが入っており、急激な速度アップを許されない状況である場合。

大抵電解質系はTPNなどの持続点滴に混注されている事が多いと思いますが、あまりに点滴更新時に残量を破棄する事になるのであれば、時間の変更や、ルートの変更を医師に相談する必要があります。

医師がカロリー計算をして決めている輸液量なのに、知らない所で看護師が残破棄している、となれば改善するものも改善しないかもしれません。

また、CVやPICC、ブラッドアクセスなどのルートでは無く末梢ルートからの点滴の場合薬剤の種類によっては腕の痛みが伴う事もあります。それらの情報を確実にキャッチし、医師に点滴の種類やルート・時間の変更を相談する事は看護師の役割ではないかと思います。

まとめ

何やら沢山書き連ねてしまいましたが、要は

患者さんの声を一番に聞ける立場にある看護師なので、その声を代弁すれば他職種皆んなで考えて行動に移してくれる‼︎と言う事ですかね。

食欲の無い患者さんに出会った時、自分の口の中に20個の口内炎が出来たと想像してみてください。考えるだけでも吐き気と無力感が襲ってきます。そして、悲痛な患者さんの気持ちになって色々な案が浮かぶかもしれません。

"もっといい職場"で働てみませんか?
  • もっといい給料・待遇で働きたい
  • 人間関係良好な病院・クリニックで働きたい
  • 24時間託児所や病児保育のある病院がいい
  • 看護師資格を活かした病院以外の仕事をしてみたい

上記に1つでも当てはまる方は、看護師求人サイトの非公開の募集情報をチェックしましょう!当ブログ「ナースはつらいよ」がおすすめする看護師求人サイトをご紹介します。

2019年版 看護師求人サイト BEST3
  • 1

    定番中の定番。大手だから安心して使える求人サイトです。病院はもちろん、治験や一般企業などの病院以外の求人紹介も得意!

    公式サイト

  • 3

    知名度では劣りますが、利用者満足度が高いのが特徴。親身にサポートしてもらえ、ブランクからの復職支援も得意です。

    公式サイト

  • 2

    ナース専科などで有名なエス・エム・エスが運営する看護師求人サイト。全国の病院・クリニックの情報を豊富に扱っています。

    公式サイト

  • Share
  • いいね
  • Tweet
元ナース 現ずぼら主婦と一児のママ☆
まこ
クリーン病棟で長期勤務してました

看護師9年目。血液内科病棟で勤務し、小児から成人・老年期の看護に携わる。結婚半年後に夫の転勤に伴い退職。現在は一児の母で子育て奮闘中。

>> このライターの記事一覧へ

この記事に対するコメント

>> すべてのコメントを見る(0)

 

人気ライターBEST5