ナースはつらいよ

小児科に就職が決まったら学んで欲しい10のこと

新卒のみなさん、春からの就職先はもう既にお決まりでしょうか。だいたいの学生が国家試験よりもだいぶ早く内定を貰うんですよね。

まだ、配属先は決まっていないかも知れませんが・・・希望病棟は提出しましたか。

小児科に希望を出した方、または小児科医院に内定を貰っている方に、“入職前に学んで欲しいです10のこと”をまとめてみましたので、ぜひ参考にしてくださいね。

病態生理やバイタルサイン

小児科におけるバイタルサインの平常値

実習中によく使用していた、成人のバイタルサイン基準値とは大幅に違います。また、乳児と幼児の数値の違いを抑えておくといいでしょう。

胎児&新生児の循環の変化(解剖生理学)
胎児から、新生児になる際に循環がどう変わるのか、何が異常なのかをしっかり把握しておくといいでしょう。

小児科で多い疾患

実際に小児科で多い疾患や、知っておくべき疾患はどんなものがあるのか・・・病院によって“集まりやすい疾患”は異なってくると思うのでぜひ、自身の就職する病院のホームページから情報を収集してください。

下記は一般的に小児科で多いとされる疾患になります。

川崎病、熱性けいれん、食物アレルギー、気管支喘息、ネフローゼ、腸重積、低身長・低体重児・・・etc.

処方される頻度の高い薬剤

●呼吸系

カルボシステイン、プルスマリン、プランルカスト、アスベリン、キプレス

●抗生物質類

フロモックス、セフジトレンピボキシル(メイアクト)、クラリスロマイシン

●解熱・鎮痛剤

アンヒバ座薬、カロナール

看護技術的内容(日常生活)

おむつ交換

これは、成人よりも楽です。しかし、便の性状や股関節脱臼についての学習が必要です。また、新生児の便の性状や、新生児・乳幼児期の便の異常について学んでおきましょう。

哺乳技術(母乳成分など含む)

実際にやってみないと難しいことは多いですが、温度や姿勢、嘔吐した時の対処方法などについて学習しておくといいです。

現在では母乳で育てることが主流になってきているので、母乳の成分や人工ミルクとの違いなどをしっかり学んでおくといいでしょう。

月齢別離乳食内容

離乳食の形態については、実際に食事介助する際に役立ちます。働き始めたらスッと頭には入ってきますが、最初に学んでおくとよりスムーズに習得できます。

看護技術的内容(検査や処置)

点滴採血法

実習であまり見る機会が無いと思います。準備物品も微妙に変わってくるのでぜひ、学習しておいてください。

ルンバール、マルクなどの介助主義

小児科では熱性けいれんがあると頻繁に行われる検査です。これ、清潔操作が混ざる技術になるので、予習しておきましょう。

小児用点滴滴下数計算方法

小児用輸液セットは、成人用輸液セットとは滴下数×mlの比率が違います。学校などで既に履修済みかと思いますが、忘れがちなので復習が必要です。

現在ではシリンジポンプや輸液ポンプを使うことが多いので、ぜひ合わせて操作方法を学習しておいてください。

特殊なものが多い!?

看護手技的には、成人病棟に就職した方が新人のうちは学びになるはずです。

留置針の挿入、尿道カテーテル挿入など、総合病院の中の小規模(30~40床程度)小児科ではほとんどやる機会がありません。(新卒から小児総合病院に務めていれば別)

その代わり、小児科でしか学べないこともたくさんあります。哺乳や離乳食もそうですが、乳幼児との関わり方や、母乳の成分、入院児の親への気遣いなんかもそうですね。

私は短い間の勤務でしたが、とても充実していたように思います。

まとめ

私が、新卒で入職した際に「あ、これ復讐しとけばよかった!」と感じたものをピックアップしていますので、私感も含まれています。ご了承ください。

実際には毎日、毎日わからない単語が飛び交い、先輩看護師と医師の会話に追いつくのに必死でした。

やはり、予習って、大事だと思います・・・。

"もっといい職場"で働てみませんか?
  • もっといい給料・待遇で働きたい
  • 人間関係良好な病院・クリニックで働きたい
  • 24時間託児所や病児保育のある病院がいい
  • 看護師資格を活かした病院以外の仕事をしてみたい

上記に1つでも当てはまる方は、看護師求人サイトの非公開の募集情報をチェックしましょう!当ブログ「ナースはつらいよ」がおすすめする看護師求人サイトをご紹介します。

2019年版 看護師求人サイト BEST3
  • 1

    定番中の定番。大手だから安心して使える求人サイトです。病院はもちろん、治験や一般企業などの病院以外の求人紹介も得意!

    公式サイト

  • 3

    知名度では劣りますが、利用者満足度が高いのが特徴。親身にサポートしてもらえ、ブランクからの復職支援も得意です。

    公式サイト

  • 2

    ナース専科などで有名なエス・エム・エスが運営する看護師求人サイト。全国の病院・クリニックの情報を豊富に扱っています。

    公式サイト

  • Share
  • いいね
  • Tweet

この記事に対するコメント

>> すべてのコメントを見る(0)

 

人気ライターBEST5