ナースはつらいよ

そうだ、学会に行こう!

皆さんは学会に参加したことはありますか?
なんだか難しそうだし、どの学会に行ったら良いか分からないし、何着て行ったら良いのか….という方に、学会の面白さと、初めて行くときの心得をお話ししたいと思います。

どの学会に行くか?

医療の世界には山ほど色んな種類の学会があります。
学会一覧を見てみると、こんなマニアックな学会があるんだ…!とビックリします。

その中で、自分の所属する科や、興味のある分野のものをインターネットで探すと、必ず該当する学会があると思います。

その学会の学術集会で、会場が自分の家の近くで開催されているところが良いと思います。

職場にはどう言うのか?

職場によっては、学会に行くというと日勤扱いにしてくれたり、交通費を負担してくれたりという所もありますが、かなり恵まれた例だと思います。

まだまだ、休みの日に、実費で行くしかない職場が多数だと思います。

休みで行く場合は、面倒だったら管理者に言わなくても構わないと個人的には思います。
ややこしくないなら管理者に伝えるのもありだとは思います。管理者の立場からすると、何に興味があるんだなとか、勉強熱心なんだなとか、スタッフの強みを把握することは大切だからです。

服装と持ち物は?

いざ、学会に参加することが決まり、当日はどんな格好で行ったら良いのでしょうか。

学会では発表者はスーツで行くことが多いです。他にもスーツの方が多いので、あまりカジュアルすぎる服装では少し浮いてしまいます。

男性はスーツが無難だと思います。女性もスーツまでいかなくていいので、綺麗目な格好が良いと思います。

きちんとしたスカートやパンツに、ジャケットかカーディガン、パンプスが良いです。会場は冷暖房が効きすぎている場合もあるので、上着を脱いでもOKな格好が調節しやすいです。

靴はスニーカーやサンダル、ブーツはやめたほうが良いですね。会場がいくつかある場合は、聞く演題によって会場を変えるので、歩きやすい靴が必須です。
私は普段ヒールのパンプスを履かないので、いつも足が痛くなってしまいます。そのたび、「歩きやすい靴で来ればよかった…」と後悔します。

学会の会報誌やプログラムは結構重くてかさばるので、A4サイズの入る大きめの鞄を持参したほうが便利です。
メモするための筆記用具は必須です。
他には、冷暖房で会場は乾燥しているので、飲み物を持参すると良いです。

1日の過ごし方

会場に着いたら、プログラムの載っている冊子等を購入しましょう。よくプログラムを読んで、自分の興味のあるところの会場と時間をチェックします。

あとは、プログラムに沿って、発表を聞いたり、講演を聞いたり、実技に参加したりします。

協賛している会社のブースが出展していたら、のぞいてみるのも良いです。最新の医療器具などが展示されており、見るだけでわくわくします。

人それぞれの楽しみ方

私にとって学会は、もちろん新しい知識や技術を習得する場ですが、仕事に対するモチベーションを上げる場所でもあります。

自分にとって興味のある分野って、人によって違うと思いますが、学会に行くと、同じことに興味のある人々がたくさん集っています。
私って決してマニアックじゃなかったんだな…と嬉しくなります。同じ分野で活躍する人たちと同じ悩みを共有し、励みにもなります。

全国色々なところで学会は開催されるので、旅行がてら学会に参加して、観光や名産物を楽しむ方もいます。

学会は決して敷居の高い場所ではなく、自己研鑽に興味のある方なら、若いうちから足を運んだ方が楽しいと思います。世界が広がりますよ。

"もっといい職場"で働てみませんか?
  • もっといい給料・待遇で働きたい
  • 人間関係良好な病院・クリニックで働きたい
  • 24時間託児所や病児保育のある病院がいい
  • 看護師資格を活かした病院以外の仕事をしてみたい

上記に1つでも当てはまる方は、看護師求人サイトの非公開の募集情報をチェックしましょう!当ブログ「ナースはつらいよ」がおすすめする看護師求人サイトをご紹介します。

2019年版 看護師求人サイト BEST3
  • 1

    定番中の定番。大手だから安心して使える求人サイトです。病院はもちろん、治験や一般企業などの病院以外の求人紹介も得意!

    公式サイト

  • 3

    知名度では劣りますが、利用者満足度が高いのが特徴。親身にサポートしてもらえ、ブランクからの復職支援も得意です。

    公式サイト

  • 2

    ナース専科などで有名なエス・エム・エスが運営する看護師求人サイト。全国の病院・クリニックの情報を豊富に扱っています。

    公式サイト

  • Share
  • いいね
  • Tweet

呼吸器内科に10年勤務 →休職 →訪問看護に再就職 →妊娠に伴い退職しました。 現在二人の子育てで休職中です。認定看護師の資格を持っています。

>> このライターの記事一覧へ

この記事に対するコメント

>> すべてのコメントを見る(0)

 

人気ライターBEST5