ナースはつらいよ

保健師からママへアドバイス~トイレトレーニング~

こんにちは、保健師のアオです。
母子保健分野担当の保健師として、ママたちに聞かれることが多いことに一つに「トイレトレーニング」があります。私も、母親になってみるとやはり気になるのが「トイレトレーニング」でした。いつかはオムツがはずれて自分でトイレに行けるようになるとはわかりつつも、なんとなく焦ったり不安になることがありました。今日はトイレトレーニングについて、不安のあるママに保健師としてどのようなアドバイスをしてきたかをまとめてみました。

トイレトレーニングを始める時期は?

まず、始めるための3つの条件があります。

  • ひとりで歩ける
  • 言葉が理解でき、自分でも少し話せる
  • 排尿の間隔が2時間ほどあく

この3つの条件がそろって、ママの気持ちの準備ができたら、トイレトレーニングを始めてみましょう!

トレーニング準備期間をもうけよう

条件がすべてそろっても、昨日までオムツで過ごしていたのに急に「今日からはパンツで過ごすよ!」と言われても、子どもは戸惑ってしまいます。トレーニングを始める準備期間が必要です。

  • オムツはすぐに取り替える
  • オムツが濡れているとおしっこが出た感じが分からなくなってしまいます。オムツ交換時には、「おしっこが出たね」と優しく言ってあげましょう。

  • お手本はママ!
  • 「ママおしっこするよ、トイレ行くよ」と教えてからトイレに行く、実際に便座に座って用を足すのを見せてあげることも必要です。子どもはマネっこが大好きなので、まずはトイレに興味を持ってもらうことが大切ですね。

  • トイレは楽しい場所
  • かわいくて楽しいトイレを演出してあげると良いと思います。子ども用便座は可愛いものをチョイスしたり、好きなキャラクターのポスターを貼ってあげたり。また、トイレに行ったらシールを貼るというのも好評です。ママによっては、シールよりも手軽でコストのかからない「スタンプ」を押してあげるという方もいました。

必要なものの準備をしよう

トイレトレーニングには、子ども用便座(補助便座)、踏み台、トレーニングパンツ(保育園では、お兄ちゃんパンツ・お姉ちゃんパンツと呼んでいました)が必要です。パンツは子どもと一緒に買いに行き、気持ちを盛り上げてあげると良いかもしれませんね!

いざ、トレーニング開始!

オムツがはずれるタイミングは人それぞれです。あせらず、子どもと一緒にゴールを目指したいですね。

  • トイレに座らせる
  • 排泄のリズムがついてきたら、タイミングを見計らってトイレに座らせてあげます。起床時、食事前、外出前など、定期的にトイレに誘ってあげると、だんだんリズムがついてきますし、トイレに行くということに慣れてくれます。

  • できたらほめる!とにかくほめる!
  • おしっこができた時は大げさなくらいほめます。子どもはほめられることが大好きで、できたという達成感がやる気につながるからです。

  • だんだん意思表示ができるように
  • そのうちに自分から「おしっこ」「トイレ」など教えてくれるようになります。ただ、この時点では間に合わないことも多くあると思います。失敗しても、しからない、イライラしないことが大切です。このあたりから、昼間はパンツで過ごすようにすると良いでしょう。

トイレに行く習慣ができたら、水の流し方、おしりの拭き方を教えてあげましょう。最後に必ず手洗いする習慣も教えましょう。

トイレトレーニングでは、親が焦ることが一番禁物。できなくて当然、失敗して当然ですよね。あまり神経質にトイレに誘ったり、オムツの中をのぞくと、子どもの方も気になるようです。親の気持ちの余裕が、トイレトレーニングをスムーズにする一番の秘訣かもしれません。

子育て経験のない新人保健師でも、子育て中のママから相談を受けることが多くあります。「子育てをしていないからわからない」「やったことがないから自信がない」ではなく、保健師としての視点でアドバイスしてあげることが大切です。また、自信がないことは先輩保健師に聞いたり、逆にママたちに教えてもらうことがあっても良いと思います。ママたちと同じように、アドバイスする私たちも成長していきたいものですね。

"もっといい職場"で働てみませんか?
  • もっといい給料・待遇で働きたい
  • 人間関係良好な病院・クリニックで働きたい
  • 24時間託児所や病児保育のある病院がいい
  • 看護師資格を活かした病院以外の仕事をしてみたい

上記に1つでも当てはまる方は、看護師求人サイトの非公開の募集情報をチェックしましょう!当ブログ「ナースはつらいよ」がおすすめする看護師求人サイトをご紹介します。

2019年版 看護師求人サイト BEST3
  • 1

    定番中の定番。大手だから安心して使える求人サイトです。病院はもちろん、治験や一般企業などの病院以外の求人紹介も得意!

    公式サイト

  • 3

    知名度では劣りますが、利用者満足度が高いのが特徴。親身にサポートしてもらえ、ブランクからの復職支援も得意です。

    公式サイト

  • 2

    ナース専科などで有名なエス・エム・エスが運営する看護師求人サイト。全国の病院・クリニックの情報を豊富に扱っています。

    公式サイト

  • Share
  • いいね
  • Tweet
保健師・ケアマネ・二児の母
アオ
自分なりのワークライフバランス実現のため、日々奮闘中!

病棟看護師として2年勤めた後、保健師へ転職。 現在、保健師8年目。プライベートでは二児の母であり、ワーキングマザー6年目。 主に、地域での看護のお仕事や子育てとの両立についての記事を書いていきたいと思います。

>> このライターの記事一覧へ

この記事に対するコメント

>> すべてのコメントを見る(0)

 

人気ライターBEST5