ナースはつらいよ

産業看護師の仕事大解剖 Vol.1 どんな仕事してるの?

こんにちは、はちけけです☆

看護師って本当にいろんな働き方がありますよね!病院、介護施設、訪問看護、保育園など・・・企業でも働いている看護職もいるんです!それは・・・産業看護師

みなさん産業看護師って知っていますか?転職などお考えの方は知っている方も多いと思いますが、あまり聞きなれない方も多いんではないでしょうか?

今回は“産業看護師の仕事大解剖Vol.1”ということで、どんな仕事をしているのか書きたいと思います!

どんなお仕事しているの?

産業看護師は、一般企業内の診療室・医務室などで働く看護師です!その企業の社員さんの傷病に対応し、医師の指導のもとに治療補助などの看護業務を行います。場合によっては、健康相談や療養のためのサポート、定期健康診断の補助・健康指導なども行う場合もあります。

病院や介護施設などとは違って、日々の生活の中でのサポートや予防的側面からの関わりが多いです。

企業によって違うと思いますが診療室がある場合は、非常勤の医師や薬剤師・看護師が勤務していて、小さなクリニックのように診察を行っています。医師の診察補助、カルテ管理や物品管理、傷病手当、社員さんの緊急時の対応なども行います。

生活習慣病予防やメタボリックシンドローム対策、メンタルヘルスケアなど社員さんの健康サポートが重要視されてきて、日々の生活の中から傷病を予防していく産業医や産業保健師、産業看護師など健康管理を担う部門を設置する企業が多くなってきています!

登録産業看護師としてキャリアアップ!

もちろん、看護師免許があれば企業で産業看護師として働くことは可能です。

ですが、日本産業衛生学会の「登録制の産業看護師」という資格を取得しキャリアアップしていくこともできます。企業で働いている看護師・保健師のスキルアップのための資格で、実務経験後に講座や試験を受けることもできるんですよ!

お仕事のメリット・デメリット

メリット

  • 病院勤務と比べるとデスクワークも多く、落ち着いて仕事ができる環境がある!
  • 週休2日で土日休みの企業が多く、日勤の仕事で夜勤がない!残業が少ない!
  • 病院など夜勤をしている頃からはお給料は下がりますが、企業によっては日勤のみや非常勤でも好待遇の場合もある!
  • 産業看護師や産業保健師を採用している企業は大手企業が多く、福利厚生が結構恵まれている場合が多い!
  • 患者さんの看取りや急変、残業続きの激務などメンタル面や体力的に感じる負担が少な目

デメリット

  • 病院勤務は同僚や先輩など相談できる同じ看護師が複数いるが、看護職は1人という場合もあり、自分でいろいろ判断する必要がある
  • 病院勤務と比べると、社員さんとの限られた関わりで、継続的関わりができない面など、達成感を得られにくいと感じる場合がある
  • 病院のような医療現場から離れるので、看護師としての知識や勘が鈍ったりする
  • 勤務時間や給与面も安定している場合も多いため、求人倍率が高い

・・・とメリット・デメリットありますね!

強く感じる病院とのギャップ!?

病院で勤務していた人が、企業の産業看護師として働きだすと少なからずギャップを感じます!

病院での勤務では、対象者は患者さんです。患者さんは入院しながら治療を行う場合、看護師が関わる時間は比較的長く取れます。また、退院や治療・症状の改善など明確な目標もあるので、治療や健康面での指導など前向きに受け止めてくれる傾向があると思います。

比べて産業看護師の対象者は社員さんです。勤務時間内に診療室を利用したりする場合がほとんどで、診療や健康指導など関わる時間は限られてきます。また日常生活や仕事の中で、病気や健康診断の要経過観察の部分など健康改善が目標になってくるので、関わり方も違ってきます。

また、産業看護師自身も企業全体でみれば同じ社員の一員です。同じ会社の社員さんへの関わりになってくるので、病院勤務のときとは違ってくると思います。基本的なビジネスマナーも少し身に付け、正直敬語も大切になってきます!看護師である前に一社員でもあるんですよね!

病院勤務などと比べるとギャップはやはり大きいと思いますが、転職する場合には少なからず誰でもギャップを感じるものだと思います。予め少しでも情報を得て、心構えできるといいですよね!

病院での経験って役立つの?

病院などでの勤務経験がある方は、糖尿病、高血圧、生活習慣病予防、メタボリックシンドロームなどの予防や健康指導の知識が役立つと思います。また、診療室での診察補助もあるので、一般的な外来業務や採血などのスキルも役立ちます!

出没率の低い産業看護師の求人!

産業看護師が働く職場は、比較的社員が多い商社や、製造メーカー・工場などの企業です!

安定した勤務時間と収入ということもあり、求人自体もとても人気があります。求人もあまり出ないし、非公開の場合がほとんどです。そのため産業看護師への転職を考えている方は、転職支援サイトなどに登録し、プロの方にアドバイスをもらう方法をお勧めします。

私が相談した方は、本当に親身になってくれて私の些細な心配事でも聞いてアドバイスをくれました!
結構人気が高い産業看護師の求人もちょこちょこ出没したり、いざ転職活動を始めると企業の情報や面接時のアドバイスなど、的確にサポートしてくれます!

まとめ

病院勤務でバリバリ!、育児と両立をしながらクリニックや介護施設・訪問看護など自分のペースで!とか、看護師の仕事は結婚や妊娠・出産・育児など自分のライフステージに合わせて本当に様々な働き方ができますよね!

自分が今どんな風に働きたいか?、将来どんな風に働いていたいか?とか想像したりしますよね!自分にあった働き方や職場環境が整えばこそ、その仕事が継続できるんだと思います。

病院で働いていたときは“産業看護師”って正直どんな仕事をしているか、全然知りませんでした!(笑)
馴染みのあまりない産業看護師に少しでも興味を持ってもらえるように、少しずつ情報発信できたらと思います!

"もっといい職場"で働てみませんか?
  • もっといい給料・待遇で働きたい
  • 人間関係良好な病院・クリニックで働きたい
  • 24時間託児所や病児保育のある病院がいい
  • 看護師資格を活かした病院以外の仕事をしてみたい

上記に1つでも当てはまる方は、看護師求人サイトの非公開の募集情報をチェックしましょう!当ブログ「ナースはつらいよ」がおすすめする看護師求人サイトをご紹介します。

2019年版 看護師求人サイト BEST3
  • 1

    定番中の定番。大手だから安心して使える求人サイトです。病院はもちろん、治験や一般企業などの病院以外の求人紹介も得意!

    公式サイト

  • 3

    知名度では劣りますが、利用者満足度が高いのが特徴。親身にサポートしてもらえ、ブランクからの復職支援も得意です。

    公式サイト

  • 2

    ナース専科などで有名なエス・エム・エスが運営する看護師求人サイト。全国の病院・クリニックの情報を豊富に扱っています。

    公式サイト

  • Share
  • いいね
  • Tweet
病棟看護師・産業看護師
はちけけ
産業看護師として奮闘中です!

消化器外科病棟で6年勤務。旦那さんの転勤のため退職し、少し休憩☆現在は企業の産業看護師として奮闘しながら、産業保健師さんのお仕事の勉強・お手伝い中です!柴犬大好きです!!

>> このライターの記事一覧へ

この記事に対するコメント

>> すべてのコメントを見る(0)

 

人気ライターBEST5