ナースはつらいよ

ナースマン歓迎?!精神科に男性が多い理由

こんにちは、しまりんごです☆

実は10月からまた精神科ナースとしてやっていくことになった私。

先日転職先に行ったら、男性看護師の比率の話になったのですが、なんとその病院では、男性看護師は看護師全体の3割!なんですって。

そういえば精神科ってナースマンが多い。3割ってことは、10人中3人ってことでしょう。20人看護師がいる病棟だったら、6人は男性ってことですよね。一般の病院からしてみたらやっぱり多いと思うんですがどうでしょう。

精神科にナースマンが多いということは、何か男性に働きやすい要素があるからなのでは

そこで、精神科にナースマンが多い理由を考察してみました☆

力が必要な時がある

精神科、特に急性期病棟では、患者さんが興奮しているときがあり、物や他人に被害が及ぶ可能性があります。

そんなときに、患者さんを速やかに制止しなくてはいけません

CVPPP(包括的暴力防止プログラム)の研修などにより女性看護師でも患者さんの制止に向けた技術は習得してはいますが、相手が男性患者さんだった場合、やはりそこはナースマンの出番になります。

急性期病棟では、看護師だけではなく、看護補助者も男性の比率を高くしていて、暴力などが起こるリスクも下げようとする病院が多いです。

男性が多いと、患者さんもすぐ制止されるのは分かっているので、衝動的な行為にでないことが多いです。

また、同時に、女性看護師に対する患者さんのセクハラにも抑止力があります。

男性の目線が必要な時もある

あなたは何か悩みがあった時に、どんな人に話を聞いてほしいと思うでしょうか?

子育ての悩みだったら、やっぱり子育て経験のある人に相談しますよね。女性特有の悩みだったら、やはり女性に話を聞いてほしいと思うでしょう。

それと同じように、男性に話を聞いて欲しい患者さんもいます

仕事に疲れて鬱になった男性だったり、恋愛がうまくいかなくて精神的に病んでしまった人だったり。

一般病院では、あえて患者さんが男性看護師を指名するようなことはあまりないかもしれません。若い男性患者さんで清拭や処置に女性に入ってもらうのが恥ずかしいとかそういうことはあるかもしれませんが。

しかし、精神科では、「〇〇(男性看護師)さんいる?いないの?じゃ、またでいいや。」とか結構あります。

また、女性看護師にとって、男性看護師の男性目線が必要な時もあるんです。

こんなことがありました。髭が伸びてきた男性患者さん。

「伸びてきたねー。そろそろ剃りたいなー。でも嫌がるんだよね。」なんて言ってる女性看護師。そこにナースマン参上。「髭って絶対剃らなきゃいけないの?かっこよく伸ばす人もいるじゃん」

「!!!そう言われてみればそうだよねぇ」女性看護師にはない発想です。髭は剃るものだという価値観をナースマンが打ち砕いたのでした。

精神科にはナースマンが多いといっても、やはりまだまだ女社会の看護業界。女性にはない目線を持つナースマンの一言で救われる患者さんも多いのかもしれません。

病院独自の男性看護師配置基準がある

精神科の病院にも救急対応をしている病院があります。一般の病院と同じように輪番日があり、救急車で運ばれてきた患者さんを診察します。

救急車で運ばれてくるくらいですから、パニック発作を起こしたとか、てんかん発作があったとかいうこともありますが、多くは暴れている患者さんです

警察が一緒に搬送してくることもありますし、パトカーでくることもあります。

そのため、私が以前働いていた病院では輪番日には男性看護師の夜勤配置は必須でした。急性期病棟では必ず一人はナースマン。

男性看護師の数を確保したい病院の事情があるわけですね。

出世しやすい

精神科病院では男性看護師比率が高いために、ナースマンの存在はそれほど珍しくありません。そして、男性の管理職もまた珍しくありません

一般病院にいたけど、男性看護師は女性看護師に虐げられるといって精神科に転職してくるナースマン、実は結構多いのですが、精神科では女性も男性も関係なく活躍できるし、男性管理職も多いので自分にもやれるかもとモチベーションが上がる

モチベーションが上がると認定看護師資格の取得などスキルアップしたいと努力する

結果、一般病院よりも管理職につくナースマンが多いのでは・・とこれはあくまでも憶測ですが、あながち間違いではないと私は思っています。

まとめ

精神科にどうしてナースマンが集まるか。それは、男性である自分が必要とされていて、頼りにしてくれると実感できるからなのではと、私は思います。

実際、精神科に勤務している時、ナースマンが病棟にいるといざという時に頼りになったりしました。

そして不思議と、男性看護師の比率が高い病棟のが雰囲気が良かったりするんですよね(笑)

ナースマンのあなた、次の職場に精神科はいかがですか?☆

"もっといい職場"で働てみませんか?
  • もっといい給料・待遇で働きたい
  • 人間関係良好な病院・クリニックで働きたい
  • 24時間託児所や病児保育のある病院がいい
  • 看護師資格を活かした病院以外の仕事をしてみたい

上記に1つでも当てはまる方は、看護師求人サイトの非公開の募集情報をチェックしましょう!当ブログ「ナースはつらいよ」がおすすめする看護師求人サイトをご紹介します。

2018年版 看護師求人サイト BEST3
  • 1

    定番中の定番。大手だから安心して使える求人サイトです。病院はもちろん、治験や一般企業などの病院以外の求人紹介も得意!

    公式サイト

  • 3

    知名度では劣りますが、利用者満足度が高いのが特徴。親身にサポートしてもらえ、ブランクからの復職支援も得意です。

    公式サイト

  • 2

    ナース専科などで有名なエス・エム・エスが運営する看護師求人サイト。全国の病院・クリニックの情報を豊富に扱っています。

    公式サイト

  • Share
  • いいね
  • Google+
  • Tweet
闘うワーキングマザー
しまりんご
精神科や緩和ケアなど経験がちょっと特殊!

育児花丸旦那さんと4歳の息子との3人暮らし☆専業主婦に対する憧れも密かに抱きつつ、常勤で走り続けるワーキングマザーです。趣味は楽器演奏と、映画鑑賞。最近は手芸店巡りが大好き。目指すは、なんでも挑戦する30代♪

>> このライターの記事一覧へ

 

人気ライターBEST5