ナースはつらいよ

入院した!気になるけど言えないジレンマ!

医療者と言えど1人の人間、風邪から時には入院が必要な病気に罹ってしまうことももちろんあります。
今回は、私が妊娠中に切迫早産になってしまい1週間ほど入院した時の体験談をお伝えしようと思います。

妊娠35週での定期健診に行きいつものように診察を受けると、なんと子宮頚管長が1センチに‼︎NST検査をすると約10分おきに強い張りが出ているではありませんか。いや、お腹の張り自体は2日程前から感じてはいたのですが、初めての妊娠で、その張りが強いものだとは思わず気にしていませんでした。ごめんね、我が子…。
そんなこんなで、即入院となりました。

入院1日目

さて、入院してその日の担当は新人看護師さん。バイタルを測り、採血と点滴をする事に。当然抹消静脈留置針をとりながら同時に採血となります。抹消静脈留置針を入れる時に、外筒が2センチ出ている状態で内筒の針を抜きました…。そして、シリコン素材の外筒をグニャグニャと曲げながら血管に押し込むのです…痛い痛い痛い‼︎でも顔は平生を装います。あえなく1回目は失敗に終わります…。

気をとり直して2回目、入ったー‼︎血液も返ってきている‼︎手慣れた手つきで点滴を繋げる看護師さん。ちょっと待って、採血は?それに気づいたのは点滴を流し始めてから。すみません、採血は反対の腕で取らせて下さい。…全然いいですよ!と言いながら心の中で、3度目の正直とはこの事か、と呟きました。リアル血管くんになったのは看護学生時代と新人時代と新人さんの練習になった時以来です。

入院2日目

入院2日間、その日の担当看護師さんは…昨日の新人さん‼︎気さくに話をしながらバイタルやNSTをしたりして、時間が経過していきました。そして、昼過ぎあたりになると、何だか点滴の針が痛いぞ。少し腫れているような気も…。担当看護師さんに相談し、「針がちゃんと入っているか確認しますね」と。良かった、と思ったのも束の間。おもむろに輸液ポンプで24時間流している張り止めの点滴を少しシリンジに引き抜き、その薬液を三方活詮を使って針の方へ押し流すのです!そして、押し流された薬液は抵抗を示しながら腕の中へ入りました。血管+皮下に…だと思います。

そして、「大丈夫そうなのでもうしばらく様子を見ましょう」と笑顔で残酷な一言。逆血を確認するんじゃ無かったの?!生食じゃなくて、持続の点滴で無理矢理押し通すの?!色々な疑問点が浮かび、むしろこちらが軽いパニックでした。

結局その日の準夜の看護師さんが漏れている事に気づき、無事入れ替えとなりました。

入院3日目

入院3日目、その日は待ちに待った清拭の日でした。安静第一という事でシャワーはもちろん許されず、3日に1回の清拭が唯一の清潔ケアでした。いや、もちろん自分でコソコソと毎日拭いてはいますが。

そこでまた衝撃の事実が!なんと清拭介助に看護師の皆さん手袋を着用しているのです。これを聞くと、当然じゃないの?と思われるでしょう。そう、当然なのですが、何故私が衝撃を受けたかと言うと…採血・点滴業務・抹消静脈留置等では一切手袋を着用されていなかったからです。当然採血時に手袋をされていなかった時はアレ?危ないな、と思いましたが、看護師の皆がそうだったので、病院のシステムとして採血時のスタンダードプリコーションは無いのかもしれないと思っていました。それが、清拭にはきちんと手袋を着用されているのです!血液汚染より3日お風呂に入らない私の身体の方が汚いんかーーーい!て思わず笑えました。異臭を放っていたのならごめんなさいね。汚さ基準:血液<私。涙

そんな日々を過ごしながら1週間ほど入院した後、定期的な張りは続くものの36週を超えたので、もし今陣痛がきても大丈夫という事になり無事退院を迎えたのです。

自分が入院してみると、看護師さんの行動やら病院のシステムやら色々と気になるという事が分かり、今後働く時には自分も気をつけなければならないな気づかされる機会となりました。

そして、無事産まれてきてくれた我が子よありがとう。母はこれからも頑張ります。

"もっといい職場"で働てみませんか?
  • もっといい給料・待遇で働きたい
  • 人間関係良好な病院・クリニックで働きたい
  • 24時間託児所や病児保育のある病院がいい
  • 看護師資格を活かした病院以外の仕事をしてみたい

上記に1つでも当てはまる方は、看護師求人サイトの非公開の募集情報をチェックしましょう!当ブログ「ナースはつらいよ」がおすすめする看護師求人サイトをご紹介します。

2019年版 看護師求人サイト BEST3
  • 1

    定番中の定番。大手だから安心して使える求人サイトです。病院はもちろん、治験や一般企業などの病院以外の求人紹介も得意!

    公式サイト

  • 3

    知名度では劣りますが、利用者満足度が高いのが特徴。親身にサポートしてもらえ、ブランクからの復職支援も得意です。

    公式サイト

  • 2

    ナース専科などで有名なエス・エム・エスが運営する看護師求人サイト。全国の病院・クリニックの情報を豊富に扱っています。

    公式サイト

  • Share
  • いいね
  • Tweet
元ナース 現ずぼら主婦と一児のママ☆
まこ
クリーン病棟で長期勤務してました

看護師9年目。血液内科病棟で勤務し、小児から成人・老年期の看護に携わる。結婚半年後に夫の転勤に伴い退職。現在は一児の母で子育て奮闘中。

>> このライターの記事一覧へ

この記事に対するコメント

>> すべてのコメントを見る(0)

 

人気ライターBEST5